子供のわきが対策はどうしたらいいのか?

子供のワキガについて悩んでいるお母さんはいませんか?

思春期に子供のワキのニオイを感じるようになったと話す人も多く「学校でいじめにあわないかな?」などと心配になってしまうものです。

子供のワキガの原因と対策はどうしたらいいのでしょうか。

 

思春期の子供はワキガになりやすい?

思春期の子供でワキのニオイが気になるのはアポクリン腺が成長するためです。

ちょうど小学生中学年~中学生の頃は成長期になるので大人になるために体が発達します。

この時期の子供は新陳代謝がいいので、体の発達とともにフェロモンの一種アポクリン汗腺が活発になり、ふとした瞬間に子供のワキガのニオイが気になるのです。

小学生や中学生になると授業で体育などもありますし、部活動や教室などでワキガのニオイがすれば中には不快な思いをする子供もいるかもしれません。

特に小学生の頃は女の子の方が多いので、子供のワキのニオイはなによりも親が最初に気付いてあげて対策を行えるようにしましょう。

 

子供のワキガ対策の前にまずはチェック!

この時期に子供のワキガが気になる場合、親から遺伝の可能性が高いといえます。

親の両方がワキガ、もしくは片方がワキガだとどうしても子供に影響してしまいます。

そもそもアポクリン汗腺の量は遺伝で決まりますので、大きさや活発さなどは同世代の子供でもそれぞれ違うのです。

思春期の場合アポクリン汗腺の影響を強く受けるので、一時的にワキガになっている子供もいます。

子供がワキガ体質かどうか調べる方法として、ニオイはもちろんのこと、『耳垢のしめり具合』でも判断できます。

ワキガ体質の場合、耳垢がしめりキャラメル状になります。

耳のなかにはアポクリン腺と似た働きをする耳道線と呼ばれる場所があり、この活動が活発な場合はアポクリン腺も活発になる傾向があります。

 

では、子供のワキガ対策はどうしたらいい?

子供のワキガ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

ほとんど気にならない程度のワキガあれば市販のデオドラントスプレーやクリームなどを使う程度でいいでしょう。

24時間耐久性を売りにしているデオドラントも多く、身だしなみとして子供に渡しましょう。

ただし明らかにニオイが気になってしまう場合は、手術を受けてアポクリン腺を取り除くこともできます。

手術を受けてニオイを感じなくなったとする人もいれば、手術後に再発してしまうこともあるので、子供のワキガの状態と日々の生活にどの程度支障があるのか医師に相談して決めるといいでしょう。

 

このページのまとめ

子供のワキガはいち早く気付き対策をすることが大切です。

一度気になってしまうと学校生活に支障が出ることもありますので、早めに解決しておきましょう。

SNSでもご購読できます。