『永久脱毛をするとワキガになる!』は都市伝説なのか!?

永久脱毛するとワキガになる、そんな言葉を聞いたことはありませんか?

今や女性のみだしなみとして当たり前になりつつある永久脱毛ワキガ対策を検討している人もいるなか、どちらが本当なのか迷ってしまいますよね。永久脱毛とワキガの関係について調べてみましょう。

 

永久脱毛はワキガに効果的!

永久脱毛がワキガに効果があるといわれているのは、脇毛が生えていることでニオイを発しにくい環境になるのを防ぐ効果があるためです。

脇はもともと汗腺が多いので、他の部位と比較しても汗をかきやすい場所になります。汗をかいた直後はニオイを感じることはないのですが、そのまま放置してしまうことで雑菌が繁殖し、ワキガの独特なニオイの原因を作り出してしまうのです。

そのため、永久脱毛はワキガ治療にはとてもおすすめです。

 

ではなぜ、永久脱毛をするとワキガになると感じる人がいるのでしょうか?

 

永久脱毛でワキガになるといわれる原因は?

永久脱毛でワキガになるのかどうかについてですが、永久脱毛後にワキガのようなニオイを感じる場合はもともとワキガ体質の人が気付かなかっただけの可能性が高いのです。

永久脱毛をすることにより、汗腺を刺激し一時的に汗の量が増えることがあります。

しばらくすると元の状態に戻るのですが、汗の量が増えたことで何だか前よりもニオイがきつく感じるようになったと思ってしまうのです。

永久脱毛をしたからといって誰でもワキガになるのではあく、もともとの体質であることを覚えておきましょう。

また、永久脱毛をした後に毛穴のつまりによって皮脂や老廃物が酸化して、ワキガのようなニオイに感じることもあります。

 

永久脱毛後に汗を気にしすぎるとワキガに!?

ワキガのニオイを感じると「まわりの人に気付かれていないかな?」などと余計に心配になってしまい、精神的な不安が発汗を促す原因となる場合も。

これを「精神性発汗」といい、ニオイを感じてもお手入れはしっかりと行いますが、気にしすぎないことが大切です。

ワキガのニオイが気になる特に夏場など、自分のニオイがストレスになってしまうのでそれが原因となり余計に発汗を促しワキガの症状を強くしていることも考えられるのです。

 

まとめ

このページをまとめると・・永久脱毛が原因でワキガになるのではなく、もともと体質と汗の量が増えることでワキガの症状を悪化させている。

日々のストレスや生活習慣でもワキガになることがあるので、気になる人は自分の生活習慣から見直してみるといいでしょう。

SNSでもご購読できます。